本文へ移動

現在位置 :トップページ町田市議会からのお知らせ › 質疑通告書(平成31年第1回定例会)を掲載しました。

質疑通告書(平成31年第1回定例会)を掲載しました。

質疑通告書(平成31年第1回定例会)を下のPDFからご覧いただけます。
本定例会では、条例・その他、予算、施政方針について、各会派の代表者及び個人質疑を行います。

代表質疑について(町田市議会申し合わせ事項)
1 範囲と時期
 代表質疑は条例・その他の議案、予算、施政方針を範囲として、第1回定例会のみ行う。ただし、第1回定例会に骨格予算が提案された場合は、第2回定例会で行う。なお、以下の項目を除き、質疑に関する申し合わせ事項に従う。
2 発言時間
 発言時間は全体の持ち時間が合計で330分以内となるように、会派の持ち時間等について、あらかじめ議会運営委員会において協議する。また、発言時間の計測は一般質問の時間制限に準じる。
3 個人質疑及び関連質疑
 個人質疑及び関連質疑がある場合は、会派の持ち時間内で会派内議員に認める。
4 発言順序
 会派の発言順序は会派人数の多い順とする。会派人数が同じ場合は結成順とする。会派内で複数の質疑者がいる場合は、その会派のすべての質疑者が質疑を終了した後、次の会派の質疑に入る。会派内の発言順序については、通告書とあわせて文書にて提出する。
5 発言の回数制限
 発言の回数制限は行わない。
6 会派に属さない議員
 会派に属さない議員については、個人質疑とする。その持ち時間については、あらかじめ議会運営委員会において協議する。また、会派に属さない議員が複数いる場合は、相互に賛同を得た場合、持ち時間を譲り受けることができる。
7 その他の事項
 その他の事項については、質疑に関する申し合わせ事項に従う。
平成31年3月4日更新
Copyright(c) 2004- 町田市議会公式サイト Machida City Council. All Rights Reserved.